なんとなくな毎日―台湾明星にドップリ浸かる毎日―

F4から始まり気付けば台湾明星への興味が増す管理人のなんとなくな毎日 コメント、トラックバック、リンク大歓迎☆ 初めましての方もお気軽にどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
なんだか先週の疲れがいまいちとれないまま月曜日。
4年生は来週から教育実習へ行く人が多く、私以上に疲れていて、私は弱音は吐いていられないな…と実習してきました。

最初にお断り。
今まで私の院での専攻を明記してきましたが
段々と検索でひっかかるようになってきたため、伏字にさせていただくことにしました。
ご了承ください。
なので、専攻についてコメントを残されることがありましたら
できれば鍵コメにしていただけると助かります。
もちろん、今まで通り記事は書きます!


約2ヶ月付き合うと、4年生ともだいぶ打ち解けてきて、すごく楽しい!
冗談言ったりして、笑い合える場が持てることは、とても素敵なことだな~と改めて感じている所です。

4年生とはたったの1年だけしか実習経験の差がないのに
頼ってきてくれて、嬉しい反面、納得のいく答えを出せない自分が不甲斐なくて…。
もちろん、私の参加しているグループにも私より臨床経験の長い人はいるので、勉強になります。
センスも私なんかより断然あるし!!

ぶっちゃけ、私は、センスないんで!!

なんで院にいるんでしょうねー?自分でも謎です。

でまぁ、4年生から色々と質問を受けることもあるし、アドバイスをもらうこともあるわけです。
一番嬉しかったことは「先輩のように大袈裟に振舞うことや、場面を変える事ができないから、勉強になります!」って言ってくれたこと。
そして「先輩が場にいるだけで、安心できます」って言ってくれたこと。
去年からの私の中でのテーマが「大袈裟に振舞うこと」そして、「場に安心感が出るような雰囲気を作ること」でした。
先生から口を酸っぱく言われ続けていたことなのに、なかなか私は実行できなかったので
めちゃくちゃ嬉しかったんです。
4年生からこれを言われたのは全て終了後にフィードバックをしていたときでした。

が。

帰宅後先生から携帯にメールが。
またまたお叱りメールでした。
お叱りって言っちゃ、言葉が悪いな。忠告?

読んで不快に思われる方もいらっしゃると思うので
追記にさせていただきます。

そこには「大袈裟すぎ。場に合ってない。お母さんも驚いていた。表情、表現が悪い。とって付けたような声掛けが見え、非常に不自然。自然な振る舞いをするために、内面を変えなさい」と書いてありました。(要約ですが)

うーん…。
私は今日のセッションでは、わざと意識して行ったことがあって
それは
・場がシーンとなってしまうよりは、無理してでもことばを出そう
・私一人が大袈裟なことをしてでも、周りを巻き込むことにしよう

ってことです。

なんか、それが裏目に出たって言うか…。
ただ、そんなこと先生に説明できなくって…。
4年生はまだ緊張しています。もちろん、私も緊張しています。
でも、私はやっぱり、頑張らなきゃいけない立場なわけです。
だから、多少不自然でも、一つの例としてやってみよう!と思ってやっちゃったんです。

確かに良くないものを見せるより、良いものを見せて、場を引っ張っていったほうが良いに決まっています。
でも、私はまだ、良いものを見せる力は持っていません。
それで考えた案が今日やったことだったので…。なんかショックでした。

こんなことを何度も繰り返しながら、成長していければ…とは思っているのですが、なかなか素直に受け入れることができません。
自己嫌悪…。

「自分らしさを見つけて、セッションをしなさい」と先生はいつもおっしゃいますが
なんか、私は私自身が思っている「自分らしい所」をことごとく否定されている気分です。
先生から見えている、私らしいところって、一体どこなんでしょう??
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://poruco.blog6.fc2.com/tb.php/194-a7024f28
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。