なんとなくな毎日―台湾明星にドップリ浸かる毎日―

F4から始まり気付けば台湾明星への興味が増す管理人のなんとなくな毎日 コメント、トラックバック、リンク大歓迎☆ 初めましての方もお気軽にどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
2連休なのをいいことに、ホンハムの映像を見ながら夜更かししてました。
しばらく見ていなかったのですが、なんだか今見ると前に見たときと違って面白い!
またツボ所やろうかな(笑)

ホンハムのDVD買った頃はスーに完全落ちして、ひたすら情報収集の日々で(笑)
なんだか懐かしくなってしまいました(と言っても、半年前?)

私、まだ迷暦は浅くて、今年の1月頭に完全落ちしたんです。
もともと花より男子のリアル世代だってのもあって、スーがデビューしたのはもちろんリアルタイムで知っていたのですが
(non-noに特集されたのも読んでたくらいですから)
f_d017.jpg

hanadan1.jpg

なんせ、目にした写真が上の写真たち!
これで、どうやって落ちろと?(笑)

漫画が好きだったもんで、基準は全て原作だったのです。
道明寺…は、漫画に忠実すぎる髪型がどうしても理解できなかったし(笑)
第一、キムタクが大嫌いな私、キムタク似の旭は好きになれない(笑)
花沢類は、似てるけど、あんまり好みじゃなかった…
総二郎&あきらに至っては「似てねーよ!」の一言(爆)
…まさかこの後天ヴァネ迷になるとは、思いもしなかったのです…はい。
総二郎は、なんでこの人がプレイボーイ?って感じだったし
(だって、ベストにベレー帽だよ!爆)
あきらは、髪形は似てるけど、なんで…?って感じでした。

その後、彼らがスーパーアイドルになったのも
平井堅のカバー曲を歌っていたのも、何故か知っていた私。

妙に気になる存在ではあったので(笑)
たまに彼らのことを調べてはいたのです。はい。
それでもスーパーアイドルったって、KENちゃんとヴァネはあの風貌のまま変わってないと信じていたし
↑なんで、サイト巡りをしていたのにも関わらず、信じ込んでいたのかが謎。
平井堅より歌が上手く歌えるわけもないと、聴く気も起きなかった(笑)

ま、そんなこんなで、たまーに情報は得つつも、とりたてて迷になる要素はなかったのです。
ドラマもⅡが作られたって話とかも知ってたのに、見る機会もなかったですしね。
見られる環境になかった&お金もなかったので(笑)

それが今年初め、卒論も提出して、急に時間ができたときにまたサイトめぐりをしてたら


突然琴線に触れたの!


しかも、それがこの画像だったりする。
PEPSIF4.2004.1..jpg

これの一人ひとり写ってる奴なんだけどね…
これまた、なんでこんな奇妙な衣装ので落ちたのかは謎なんだけど(笑)
いきなりヒットしちゃいました。

それからは持ち前のストーカー気質を発揮し、情報収集!
読めない中国語もなぜか解読できるという不思議な現象も起こり(笑)
色んなサイトで色んなものを見るうちに

やべっ…落ちた…となりました。

まだこの当時は誰迷でもなく(笑)
みんなかっこいいーー!!でした。

しかも、完全KOのキッカケは
ちょうどアルバム発売をしてプロモーション中だったKENちゃんの歌声だったりします。
KENちゃんがあの声じゃなくて、永不停止があの曲じゃなかったら
私のスー落ちはなかったでしょう…。


海外サイトで、むさぼるように他の人の歌&MVも漁る私(笑)

と同時に、ROM専だったサイトで、流星についての掲示板ができ、一気にスー地獄へとはまるわけです…。
今まで手をつけてなかったドラマにまで手を出しちゃうんですからね(笑)
ちなみに初めて見た場面はMXで放送されていた「道明寺、期間限定で付き合うことになり踊っちゃうぞ!」の回だったりします(笑)
これって、第何話?(笑)

こう考えてみると、私のスー落ちの経緯って、結構珍しいような…
流星落ちじゃなくて
写真&KENちゃんの声落ち!?

台湾POPSが新鮮で、CDから入ったようなもんです。
最初に届いたFantasy4everは今でもヘビロテ中(笑)
その所為か、今でもあんまりドラマには興味なかったり…(え?)
MARSすら一度も見てないくらいですから!(笑)
しかも、迷じゃないのに、情報収集はするって言う謎の奴だし(笑)
とにかく、謎だ…

私が落ちた頃ですら、日本でこんなに情報が入る日が来るとは…
なんだか嬉しいような悲しいような…
でもこれからもスー迷です♡
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。