なんとなくな毎日―台湾明星にドップリ浸かる毎日―

F4から始まり気付けば台湾明星への興味が増す管理人のなんとなくな毎日 コメント、トラックバック、リンク大歓迎☆ 初めましての方もお気軽にどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
今、春高バレーやってますよね。
私の母校も出場していました。
男子バレー部なのですが2年連続だったみたい。
残念ながら初戦敗退だったらしいですが
それでも出場できることって素晴らしい!!

彼らは私の何個下になるんだろう?(笑)
私の記憶が正しければ、バレー部の主将の子は
私と小・中・高が同じだと思われます。
確か、私が小学校6年生の時にその子たちが1年生に入ってきたような。
その子は本当に強い子みたいで(エースアタッカーらしい)
中学校時代にも私の中学は全国大会に行ったとか。
その辺の情報はあやふやです(汗)

でも、バレーボールは一人の力じゃ全国大会にはいけないですよね。
団体スポーツやれる人って、すごいと思います。

私は、こう見えても高校時代は部活に熱中していた奴で
硬式テニス部で真っ黒になって活動していました。
試合のときは真っ白なスコートなんてはいてたんですよ(笑)
同じ部活の友達と「テニスはポニーテールだろう!」ってことで髪もレイヤーの入っていない鬱陶しいストレートロングでしたし(笑)
(部活を引退した1週間後にショートにしちゃった笑)
右腕は左手の倍以上に太かったなぁ。
足も左足の太ももが右足よりだいぶ太かったし。
(これは、私がフォアばっかり打っていた所為だと思われる)

部活は本気で好きでしたねー。
でもテニスは個人競技
協調性、全然ないんです(汗)

ダンスで体育大へ行きたかったのだけど、ダンスだって、ほぼ自分との戦いだし
音楽も小さい頃からずっと好きでやってるけど
合唱や合奏をしない限り個人の問題ですもんね。

見事に協調性がないなー(汗)

それでも青春やってたんですよ、私も(笑)
新聞で母校の名前を発見して
高校時代が懐かしくなってしまいました♪
スポンサーサイト
本当に、自分でも呆れるくらいはまってるんですけど。
なんでかなー?謎だ…
母親はヴァネのアルバムを気に入ってくれたので
私はそれだけで満足っす(笑)

ここに来てくださる方もどんどん増えてきていて
嬉しい限りです!
検索エンジンから来て下さる方が増えてきました。
欲しい情報ありました?(小心者)
KENちゃん関連のワードが多いみたいです。
隠れ孝天迷多いんですかね!?やっぱり。
私もそうです。カミングアウトの方向で!(笑)

楽譜起こしもすごく楽しい♪♪
アップしたいんですがKENちゃんの曲の歌詞カードを一人暮らしの家に置きっぱなしなんで、しばしお待ちを…。
私はKENちゃんのアルバムだと復活と領悟が好きです。
なんか人からはずれてませんかね!?(笑)

旭のも百事の音楽なんとか(名前が覚えられない…)で受賞されたようなので
起こしている最中です。
一公尺、めっちゃ難しいんですけど…(汗)

コード譜って難しいんですよね。
楽譜、アップできるのが一番いいのですが…。スキャナーほしいなぁ。
楽譜を書くソフトは持っているけど、手書きの方が早い(笑)

旭が大阪のF4展にあわせて来日するって噂も本気で信じてるんです(笑)
行きます!!行かせて頂きます!!

と思って日にちなどを妄想
仔仔と同じような日程で来るとしたら4月27日くらい?
水曜かぁ…水曜なら学校休めるな!と思ったけれど
木曜日は絶対に休めない実習が入っているので、日帰り??

それで29日からの展覧会へまた行く?

うーん…大阪までの2回往復の旅行日はきついな(笑)
って、考えて他の場所に来ることもシミュレートしたのですが
どれも金曜日から開催。
木曜日の休めない私はどーすんねん!
風邪か?
それとも来日を睨んで時間割作るか??

あ!わかった!!

みんな成田空港使ってくれればいいんだ!

ナイスアイデア♪
それなら往復運賃は半分で済む(笑)

って、こんな妄想ばかりしている私を許してください(汗)
九州で大きな地震があったようですが
大丈夫だったでしょうか??
本当に地震が多くて、怖いですよね。
福岡は地震対策が遅れていたとか。
大きな被害ではないようなので、よかったですが…。

たまには真面目なお話も。
私は某音大に通っていて、もうすぐ卒業です。
専攻は音楽○法なんて物やってます。
で、4月からは大学院へ進学します。
(このBLOG、学校関係者、誰も検索しないよね??
されてたらめっちゃやばい…)

未だに「音楽○法って何?」って他人から聞かれた時に、自分は自信を持って答えられないのです。
だから、大学院へ行っている間に、なんとか自分なりの答えを見つけたいなぁ…なんて思っています。
ちなみに私の専門(専門になるはずなんだけど 汗)は児童領域。
障害児を対象として行っています。
(障害児に対しての音楽○法が、音楽○法の全てと言うわけではありません)
どの領域でもそうですが、音楽○法は人対人で行うものなので
必ずしも正解があるわけではなく、その場その場で、いくつもの答えがあるものだと思います。
しかし、背景として、私の場合、児童についての例えば身体や知的な発達過程や、障害特性などを理解していないことには
いくら実際のセッションを積み重ねたとしても、理論的な裏付けは何もないままに進んでいくわけです。
(私は本で勉強するよりも、実習を行った方が勉強になってきた、というタイプですが…)

自分の持っている知識がすごく少ないままに大学院へ進学することが怖かったので
先生へお願いし、春休み中に読む宿題の本を教えて貰いました。
そのうちの一部が下の写真の本。

20050322012401


自閉症とか障害者と言う文字が見えますね。

はっきり言って難しい(苦笑)
理解できない、ということではないけれど、やっぱり難しいな…って感じです。
でも面白いですけどね。この両極端な感想が嫌(笑)

これらの本で得た知識と、自分の経験をうまく結び付けられたらいいな~と思うわけです。
とりあえず勉強あるのみ!
音楽○○士になるぞ!って夢と、もう一つ叶えたい夢があるので、そのために頑張りたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。