なんとなくな毎日―台湾明星にドップリ浸かる毎日―

F4から始まり気付けば台湾明星への興味が増す管理人のなんとなくな毎日 コメント、トラックバック、リンク大歓迎☆ 初めましての方もお気軽にどうぞ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
4人が登場すると「Can't help falling in love」
やっぱり、この曲は最後になくっちゃねー(笑)

ハワイアンじゃないのが本当に残念!
そして、なぜかこの曲の印象が異常に薄い…なぜっ!?
なんかおもしろいことしていたのかなぁ??

あ!KENちゃんが「Don't touch me」やってたのは覚えてる!(笑)

一旦スーが退場した後、アンコール前の演出に。
子ども時代のお写真でした。
KENちゃんだけは既出が多かったな(笑)
仔仔の写真には大爆笑(笑)
旭はやっぱり古いお写真少ないですよね…

そしてアンコールはレスリー・メドレー。
「Stand up」「狂野如我」「拒絶再玩」「Stand up」「Monica」
残念ながら私、KENちゃんの歌った「拒絶再玩」しか知らず。
日本語の「じれったい」
ほら、安全地帯は大好きだから(笑)
広東語で歌うKENちゃんを見ながら日本語で「じれったい!心とかしーてー」と歌う私(笑)

でもね、ここでの4人が本当に楽しそうで。
あぁ、やっぱりスーって4人いるからスーなんだ。
私はやっぱり4人でいるスーを愛してるんだ…って思いました。
KENちゃんの「謝謝!謝謝[イ尓]們!!」の声が
すごく心に残っています。

初日は、なんかここで終わった気がするんですが。
気のせいでしょうかね?(笑)

ラストは「流星雨」
いくらOPで歌ったと言っても、これを歌わなきゃ終われないですよね。
2日目にね、旭のことをKENちゃんが背中ポンッ!て押したのを見て
なんかグッときてしまい
その後、4人の並び順を変えながら4方向に挨拶する姿を見て
「そうそう!私はこの姿が見たかったのよ~」と思いました。
だって、初日、挨拶なかったんだもん(笑)

3日目はね、旭がKENちゃんへ肩を組んで、その旭の手をKENちゃんがつかんでいるのを見た瞬間に「ぶわーーー!!」って涙がこみ上げてきちゃって。
不仲説なんて嘘じゃん。
こんなにも体預けられるなんて、信頼してる証拠だよ!って。
もう涙腺崩壊(笑)

その後、4人が肩を組んで歌ってる姿を見て
涙完全に止まらなくて、泣きながら歌ってました。
「最高!」なんて中国語わからないから
(今思えば「我喜歡F4」とか、「我愛F4」とか言えばよかったのか?と)
思いを込めて歌ってました。
きっと、周りの歌っている人も色んな想いがあったんだろうな~。
一緒に見に行った人も泣いてたし。
(一緒に見られて、嬉しかったですよ~!!)

2日目(あれ?3日目?)なんて、その後に旭が仔仔のことお姫様抱っこしてたしね(笑)

本当に素晴らしいコンサートでした!!

行くまでは「私、行っていいのかなぁ?」とか「完全にミーハーじゃないだろうか?」なんて思っていたけれど
行って正解!!

歌のうまいとか、下手とかそんなのは全然関係ない。
生で動くスーが、そこで色んなことをしているのを見られただけで幸せ。
チケットの不手際、チケット受け取りの際の不手際があったし
席がちょっと遠かったと言う不満もあるけれど
そんなのは全て吹き飛ばしてくれるコンサートでした。

日本でやる時は行けるかわからないけれど(入試とか、修論があるから…涙)
それでもスーのことはこれからもずっとずっと応援していきます!!

中国語のMCもわかりたいから、お勉強もしてね(笑)

F4、ありがとう!!!!

そして、こんなに時間も経って、しかも長い完全に自己満足なレポを読んでくださって
ありがとうございます。

またこれからもよろしくお願いします!
スポンサーサイト
ソロ最後はやっぱり旭。
おいしい所持って行くのは、人気ナンバー1だからかしら?(笑)

なんと!ここでピアノ弾き語り。
曲は「陪襯品」
初日は確実に弾いていた。
2日目は、弾いていない所のほうが多かった。
(席がちょうどピアノが良く見えるところだったもので。
鍵盤下がってないのに、音が鳴ってた笑)
3日目は、左手は、多分弾いてた。

3日間ともアップのカメラアングルが違った所に何か意図を感じます(笑)

多少間違ってもばれないように、コードは単純な3和音のコードじゃなくて
sus4、sus2、6、augなんかのコードを使って、バンドの伴奏と合うように(ジャズ風といえばいいのかしら?)
音を増やしていましたね。
(何見てんだ!この女は…)

うーんと、これを音で説明すると基本3和音が「ド・ミ・ソ」(C)だとすると
sus4が「ド・ファ・ソ」(Csus4)
これに合うように伴奏をするとしたら単純な「ド・ソ」の音だけを弾くとか
「ド・レ・ファ・ソ」と弾くとか
当たり外れのないように伴奏することができるので
簡単なアレンジをするときとか便利です(笑)
(ただし、楽典上正しいかどうかは私はわからない)

おっと、話が脱線してしまった…

ってことで、必死な旭先生が弾き語りをしているので
これは助けねば!!と初日は帰って必死に歌詞暗記(笑)
「小小的陪襯品~♪」だけはバッチリです♪

でも、旭、がんばったよね~
あの手の大きさはうらやましい。
オクターブがあんなにスムーズに届くなんて!(だから見るところ違うって)

その後は光良の「童話」
私、この曲たまたま知っていたので「おぉぉぉ!!」と初日から熱唱!
(熱唱してばかりじゃない?私汗)
次の日、同行者に光良のCDを買ってもらって(謝謝♪)
部屋でMV鑑賞&歌練習。

このMVがまた泣かせるんですわ…。ホテルの部屋で号泣。

アジア中でこの曲、流行っているらしく、大合唱。
旭の声に「童話」すごく良く合ってました。
一音一音、一語一句丁寧に旭って歌うから
それがね、すごくマッチして。
一番、旭の歌で感動したのが、この曲。
曲の最後に、旭が自分の言葉を乗せて歌うのも感動的でしたよね。
(その時は覚えていたのに、今、何を言ったかすら忘れちゃった…)

そして、MCでツァイ監督や紫Pを紹介し(3日目は客席で発見♪)
僕の大好きな人は~とお話していました。
「媽媽」と「[イ尓]們」は聞き取り、意味もなく「キャ~!!」と叫んでいた私(笑)
「媽媽」と言ったときは「よし、よく言った!!」と同行者と喜び合う謎の行動(笑)
(だって、チーリンなんて言われた日にはねぇ…)

その後、お馴染みの「我是真的真的真的很愛[イ尓]」
これは言うまでもなく、迷は歌えますよね(笑)
マイクを向けてくれたところなんて、もう本気で歌う私。
初日は喉痛めたら嫌だな~って声楽発声で歌っていたのですが
2日目以降は無視して、ガンガン歌ってました。

旭もね、この曲の時、なんかすごく嬉しそうだった。
3日目の迷の子を一人舞台に上げたときはビックリしましたが…。
ハグしてるし!!いやーん…!!

こんな盛り上がったまま4人のステージへ。

また分けます~
本気で終わらせないと、完全に愛想つかされそうな(誰に!?)ぽるこです。
今日から学校始まったので、頭を現実モードにしなくては…
でも、言っちゃいました。
「香港まで行っちゃってさ~」

ってことで、ヴァネのソロから。

ギターをかかえ、爪弾き(?)ながら「我討厭我自己」を。
頭はツンツン(前髪が長かったのはこのためね!)
メイクは、80年代(だと思う)を思わせるようなアイライン。

最初は、本当に静か~な単音の演奏で。
「おいおい!ヴァネ!!こんなギターのままだと危ないぞ~」とハラハラしてました。
2日目、3日目はベースの人とのズレも気になっちゃったし。
(と言うか、ベースの人がもうちょっと合わせればいいだけじゃないの?とツッコミたい)
でも悲しげな顔でシットリ歌うヴァネに萌え(笑)

それが突然ヴィジュアル系バンドのようなジャカジャカ音(ごめん!表現わからない)に!!
それからは会場のノリも最高潮!!
ここまでで一番、ノリノリの雰囲気になったんじゃないでしょうか??
地声も混ぜて歌うヴァネが素敵~♡

その後聞き覚えのあるイントロが…
「おぉ!!悲しみにさようならだ!!」
そう「悲しみにさようなら」を1番は日本語、2番は広東語で歌ってくれました。
安全地帯はほぼコンプリートな私、もちろん熱唱(笑)
「泣かないで~ひとーりでーー!!!」
(えぇ、恋の予感やワインレッドの心なんて定番ソングですもの♪)
広東語だとなんか、ポップな歌に聞こえるから不思議。
レスリー様の歌も聞いてみたくなりました。

2日目(と4日目)に歌ってくれた「想[イ尓]」は韓国ドラマ、天国の階段の主題歌だそう。
韓国語って言うのはわかったけれど、曲は判別できず…。

3日目はここで「日本のファンは~?」みたいなMCを日本語でしてくれたはず。
4人でのMCで日本のみんなはどこ~?の質問に答える日本人が少なくてちょっぴり寂しかったので
(2日目?3日目?どっちかなんて「韓国和日本」って…。
一緒にするなよ~涙)
ここでの大声援&会場での熱唱は、あぁ、一緒に応援してるよ!!な気分が盛り上がって最高でした。
日本迷のパワー見せ付けた感じ?(笑)

その後、「尋找茱麗葉」を武道チックなリズム(これでわかってもらえるかしら?)で踊り歌ってくれました。
掛け声が効いてて、かっこよかったです♡
そして、タンクトップを破る(!?)ヴァネにまた萌え(笑)

ヴァネの魅力は、近くで踊りだけをじーっと見ているより
ちょっと離れたほうが私は伝わってきました。
A席(と言っても、ほぼB席なんですけどね)の2日間より
B席(正面だけど山頂笑)の時のほうがビンビン伝わってきました。

ヴァネは退場時に足踏みをして迷をのせる!!
これがまたうまい~!
地鳴りがして、会場が一体になった気がしました。


おっと、またヴァネも長い(汗)
一気に上げないと終わらないぞー!ってことでもう少し今日はがんばってみます。
でもね。テニススクールなんて物に行っちゃって
腕がジンジン…これでも高校時代は真っ黒けのテニス少女だったのだぞ!
(懐かしいなぁ、花咲コート)

それでは香港レポ。

ソロ2順目はKENちゃんから。
なんだか4人が握手タイムで出てた余韻のまま
バンド紹介になって(あのwo~とかaーaーaーの掛け声はいかがなものか?
ノルにノレないぞ…)
KENちゃんいつ出てきたんだ!?感満載です。
ここでKENちゃんの練習してたと言う香港バンド。
「豚4人組」でしたっけ??
(記憶が怪しい…)

1曲目は「HEAT OF THE NIGHT」
この曲、孝天迷以外には一体何の曲だ??だったんじゃないでしょうか(笑)
シンガ時代にKENちゃんがバンドで初めて自作した曲。
She calls my name~の出だしで「ジーン」ときた私です(笑)
裏声が素敵だった。
けれど、少々ノンビリして、お客さんは乗りにくそう(笑)

その後MCですが初日のKENちゃんは、どうも嬉しいのか上がっていて(笑)
話す合間に「グフッ!アハッ!グフグフ…」と笑い声が混ざる…
こんな落ち着きなく話すKENちゃん初めて見た(笑)

「復活」はロックテイストでした。
ギターも背筋ピンッ!でジャジャッ!ジャジャッ!と鳴らすKENちゃん
きゃー素敵~~♡

2曲であっという間に退場(笑)
その後シルクハット(?)をかぶった仔仔登場。
「温柔的晩安」の「LA LA LA DI LA LA」の部分を練習させる仔仔。
初日なんて、何度やってもOKでなくて(笑)
何度やるんだー!!って心の中で叫んでいました。
(わからなくて就像~って続けちゃったのは内緒)

かぶっていた帽子を投げたと思ったら「忽然」へ。
あら、まだ温柔的晩安の1番しか終わっていなかったのに~
その忽然がね。すごかったのですわ。
絡んで、絡んで、絡みまくりで!(爆)

前にいたダンサー姉ちゃんで踊りが下手な人がいて
それが妙に気になって仕方がなかったですが…。

絡みまくりのエロムードのまま「Love is over」
エロムードのままでしたので、脱ぎ脱ぎする仔仔!!
腰もクネクネ!いやーん、普段からそうなのか
最初シャツの袖のボタンを外すから何をしているのかと思えば…(笑)

上半身全開になったと同時に花火が上がり退場するからつまらない…

どうせならもっと出せ!!(爆)

そして、脱ぐことに集中していたのか
非常に音痴…
歌はちょっと聴き難かった…(笑)

えーと、この曲は欧陽菲菲が歌っていたのでしょうか?
残念ながら私、リアルでこの歌は知らないっす…


それでは、その後のヴァネからはまた明日…(え?)

今日の中国語会話は「我姓~」と「叫~」でした。
まだこれならついて行ける(笑)
まだやるの?な香港コンサレポですが
自己満足のためにやらせてください…
早く終わらせたいけれど(汗)

KENちゃんのソロの後は旭のソロ。
「ジェリー」コールに初日は唖然…
旭人気のすごさを実感すると共に、その統率力にビックリ!
2日目、3日目は一緒にコールしてみましたが(笑)

「要定ni」のテクノっぽいアレンジ。
(あれの正式なアレンジはなんなんでしょうね?)
最初に出てくる黒服のお兄さんはダミーでした(笑)
旭は「J」ナンバーのオープンカーの中から登場。
お姉さんと絡み合いながら、腰クネクネ踊ってました。
心なしか元気なさそうな顔が気になりました。
でも多分、これ口パク…。

余談ですが、私、初日の席が次の人が誰が出てくるとか
次の舞台装置が何が出てくるとか丸見えの席でして
なんだか拍子抜けしてました(苦笑)

で、その後ジェイの藍色風暴
この曲が流れた時に「おーー!!これ生でこの間聴いたぞ!!」
と妙な気持ちに。
(ジェイコンで歌ってましたよね??)
歌詞もよくわからないのに、とりあえず一緒に歌う私(笑)

1日目、2日目では周りの人が「?」な顔していたので「ジェイ・チョウの歌ですよ」と教えてあげたら
ますます「??」な顔されました。
ジェイ・チョウの日本での知名度はスーよりあると思っていましたが…。

記憶違いがなければ、この後ダンスシーンだったような。
この前??
「じぇりーだんす」はとっても上達していました!
あとで動画を見るとやっぱり道明寺ですが(爆)
何回も繰り返すダンス部分は初日に覚えて帰って練習…。
その後到着した人にも「ここだけ一緒にやったら楽しいから!」と無理矢理教え込んだ怪しい私(汗)
ここで謝っておきます(汗)

で、倒れた後に「一公尺」
初日は脳震盪だったかでなかなか起きてこなくて。
嘘泣きっぽい涙の演出もあり(笑)
MVの最初で雨に打たれているシーンの姿勢のまま歌い出しでした。
歌いなれている(!?)だけあって、上手かったです。
会場に歌わせてくれた時は、もちろん熱唱(爆)

この後、4人で「第一時間」
歌う前に4人がじゃれてるのが可愛い…。
あぁ、年上男性に可愛いだなんて…(笑)

握手タイムも兼ねていましたが、私の席からは行けませんでした。
もっと前で見たかったなぁ。

なのでこの歌は聴かせると言うより
握手タイム(笑)
CD通りのパートわりじゃなく歌ってましたよ。

あぁ、またこんなに長くなってしまった!
ってことでKENちゃんソロからはまた後日(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。